中庸が大事であると

日本は一党独裁的な方向にむかっているのかもしれず、そうなると、投票権放棄の国民も含めて国民の支持が一党に向けられているのなら「選挙制度そのものをなくしても構わない」との意見が出ないとも限らず、そうなれば今後日本が辿る未来は一党独裁国家、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国といった実例が既に存在し、その行き着く先は容易に想像できたりもする。北朝鮮の脅威は問題であるけれど、北朝鮮政府がひた隠しにする平壌以外の地域に住む一般の人たちが今現在一体どのような生活を送っているのか気になるところでもあり(地球上で最も助けを必要としている人たちである可能性もあるかもしれず)、虚構と現実の区別がついていないように見うけられる米国の危うい老人を支持する以外に、対話も圧力も具体的に何も行っていないように見えるのは気のせいであろうか。 しかしうちのところの選挙区に投票したい人いないじゃん、という候補者の選択肢がない状況は、かなりショッキングなのであった。

消費税増税は仕方ないとして、現在の経済政策が変わらなければ、さらなる年金保険料、健康保険料の増額。少子化が加速しさらに消費税増税、物価は上がり日常商品を辛うじて購入するのが関の山、経済活動は専ら一部の富裕層と外国人。仕事はAIに奪われるか低賃金の非正規。大量の生活保護受給申請、財源確保でさらに増税、犯罪者とホームレスはあふれかえり、富裕層と手に職のある人たちは国外脱出、あるいは他国に経済難民申請。国内資産は海外の富裕層に買い叩かれ、日本、経済的に自然消滅。そんなシナリオもありうるのではないかと危惧。

大量殺戮即死兵器である原子爆弾の脅威、あれは、数百万人の生命のみならず、まったく無関係のヒト意外の生物を殺戮するのみならず、放射線によるDNA損傷により地球生命史、40億年かけ進化し続ける生命の連鎖、未来への可能性を消滅させるもので、原子爆弾存在の責任は例外なく人類全体、人類の一員という事実のみで各個人が負わなければならないかもしれず。

・・・・・・迷惑な話である。どのような結果になっても選挙の結果はそのまま受け入れるけれど。



日本国憲法第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負う。

スポンサーサイト

「It」がくる・・・・・・

『It』(スティーブン・キング著)といえば、「私が今まで読んだ中で一番怖い小説」だから読んでみろと友人に薦められ、また別の友人は「Itがくる・・・Itがくる・・・怖くて一人で寝られない」と複数の友人宅を1週間泊まり歩いていた等の思い出が蘇りますが、映画『It』、11月3日公開。先の読めない展開に読むのを止められなくなり、確か24時間以上読み続け、読み終えてから1週間「Itがくる」と震え、かつうなされていた記憶が強く残っていますが、ストーリーは全く覚えていません。公開中の米国ではかなり評判が良いようなので、経験から学んだ「ホラー映画は見てはいけない」という自らへの戒めの例外として映画『It』を見ようか見るまいか悩んでいるところです。It役の俳優がSkarsgard一家の一人で、Alexander(記憶が確かなら投票による世界で最も美しい人)の弟ということで見てみたい気もする。



そして、『It』がくる前にやってくるのは衆議院選挙。

「保守」対「リベラル」が前面に出ていますが、先日「リベラルって何?」の問いかけに即答できなかったのも情けなく、Google先生ではなく紙の辞書に尋ねてみたところ、


リベラル(liberal):1.自分のものとは異なる考え・行動を尊重し受け入れること。(社会、法律など)個人の権利と自由を重んじること。2.(政治的な文脈で)個人の自由と自由貿易を重んじ、極端でない政治的・社会的変革を志向すること。


保守(conservative):1.変化・新しい事物の導入を拒み、伝統的な価値を固守すること。2.(政治的文脈)自由企業、私有財産、社会における上述の保守的な考えを重んじること。
(Concise Oxford ENGLISH Dictionaryより)


リベラルは保守を排除しないけれど、保守はリベラルを排除するという本質が見えたような最近・・・・・・そして、民主主義の政治家に個人の野望は、いらん。税金の私物化も言語道断。「リベラル」「保守」が党名で判断できれば労力を使わず効率的に投票できるというのもありがたく。自己裁量と自己責任の取り違え、頑なホワイトヲッシュも自己否定、己の存在自体を否定しているようで、そういった人々を私は全く信頼しない。


衆議院選挙の結果と選挙後の日本、一体どうなっているのでしょうか。













アルコールの損益

オマル・ハイヤームに唆されて20数年、二本三本では凡常な幸福感に手が届かなくなるほどの肝臓を我が物としたのは、鍛錬の賜物でしょう。ワタシに幸いあれ。

幸福感に酔う脳には益となろうとも、どうも我が肝臓にはあんまり益とはなっていないのかもしれないかも、というのを健康診断数値に見た、というより戦慄した我が脳は、「ちょっと禁酒した方がいいんじゃないの?」という指令を発令。

と、いうわけで自主的に禁酒、1ヵ月設定。中途の葛藤も乗り越え、このような長期のアルコール抜きの生活は経験していなかった1ヵ月、禁酒できたのは脳が本気で戦慄したから。本日1ヵ月の禁酒期間終了、自然きっかり1Kg体重減、化学的計算可能は示唆的。日本酒で祝い、との企みも居酒屋日曜の呪いに遭い挫折。しかし、ポリフェノールはマジで体内酸化阻止に良いよ。葡萄酒礼賛。健康診断、受けましょう、積極的に。

特に何もない日々

さてそれなりに忙しく、しかしここに書き記す程のイベントもない起伏のない日々が続いていた。

そういえば季節も変わり、茜色に染まるうろこ雲が西の空一面に広がる秋の夕焼け、

そんなうろこ雲そっくりの湿疹が顔面一面に広がり深い悲しみと恐怖に打ちひしがれたのも先日の連休中の話。

このような困った症状が現れたのが連休中なのも理由があってのことか、病院に行けず自己診断は、全身疲労(特に副腎)。




そんなこんなで、自宅でテレビドラマを見て過ごしていたのだった。

アメリカのテレビドラマ史上、現時点人気の高さでベスト3に入る「ブレイキング・バッド」という2008年から6年間続いたドラマがあることは以前から知っていたのであった。そして、このドラマはシーズンを重ねるごとに評価が高くなっていることも気づいていた。
ストーリーは、「高校の化学の教師が肺癌を宣告され合成麻薬製造に手を染め・・・」本当におもしろいのか?

シーズン1のポスターを見て、これが歴史に残る傑作だと想像できる視聴者はかなり想像力のある人に違いない。
http://www.amc.com/shows/breaking-bad/season-1


という訳で、傑作であることをかなり疑いながらも視聴を開始し、ところどころで自らを励まし最後まで見た結果、


確かに傑作でした。



「芸術の傑作とは、人間の普遍を描き出すことである」といわれますが
そんな感じであったと、言っておきたい。


まだ視聴していなくて、時間のある方は是非。

ハイゼンベルク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR