憲法9条がノーベル平和賞もらえればいいのに

朝日新聞事件に対する誇大批判こそが日本を貶める
Jeff Kingston, Japantimes

要旨
朝日新聞はこのところ、任天堂社長インタビュー捏造、福島原発作業員の命令違反の誤った記事、韓国人慰安婦に関する信頼性に欠ける90年代の記事訂正をしなかったことを認めた。同紙の池上彰氏によるシリーズコラムの韓国人慰安婦に関する文章を検閲したことで、倫理的責任、信頼回復を果たす目的で始めた努力はとんだお笑い種となった。

そして右寄りのメディアは必要以上に朝日を攻撃。こういったメディアは、まずジャーナリズムの観点から自らを省みるべきだ。リベラル(改革主義)朝日に苦しめられてきた保守派政治家、復古主義者、腐敗した権力者等々は、総理大臣安倍普三も含め、今回窮地に陥っている朝日に溜飲を下げている。

当然、チーム安倍は朝日事件を政治的に利用している。長きに渡る右翼の最大の敵である朝日を手始めに、日本のアイデンティティを再定義するために保守派がしかけた大掛かりな文化戦争の様相だ。

朝日は吉田清治の供述の信用性が失われた後にも、この供述を根拠として、戦時中に女性を強制的に徴集し性的な隷属状態に置いていたという立場をとっていた。しかし吉田清治の供述以外にも、実際にこの強制連行従軍慰安婦システムが広く普及し、暴力を背景に人権をおぞましいまでに侵害していたという証拠は十分に存在する。

復古主義者は朝日事件を利用して、従軍慰安婦の存在をなかったことにしようとしている。女性たちは銃剣をつきつけられなかったけれど志願したのだ、と証明したとしても、10代の少女を性的な目的のために徴集した事実の言い訳をすること自体がみっともない。

日本帝国陸軍が1932~45年に、若いアジア人女性を徴集して性的な奴隷状態に置いた「コンフォート・ステーション(慰安所:売春宿の婉曲表現)」を運営していたことに疑いはない。前総理大臣 中曽根康弘氏は、海軍任官時代に自らがその存在に関わった、と認めている。こういった資料は政府支援により「Asian Women’s Fund」が集めたもので、国会図書館がホストのAWFデジタルライブラリーで誰でも確認できるし、甚だしい数の証拠文書がある。「Chinese Comfort Women」(Peipei Qiu, 2014) は安倍歴史上塗り内閣 (米国ティーパーティみたいな復古主義的メンバーが15名含まれている)に是非読んでもらいたい。

河野談話の起草に関わった石原信雄は、従軍慰安婦制度での脅迫による徴集と軍の関与を認めた内容の裏付け資料として、吉田の供述は一切採用していないと述べている。

復古主義者は「海外での日本の評判を貶めた」として朝日を槍玉にあげつつ、従軍慰安婦を大きく取り上げている。しかし、戦時中の残虐行為を認められず、否定して矮小化することが日本の名声を傷つける。被害者の女性の回復も妨害している。

新たに総務省大臣に任命された高市早苗氏は、河野談話に代わる新規声明を求めている。これは未曾有の外交的失策になる。対外的には日本は野蛮で無責任と映る。だから実現はしないだろう。安倍内閣メンバーはこうした否定論者から構成されていることが驚きだ。彼らこそがその存在により日本の地位を貶める。

吉田昌郎福島第一原発所長の証言を朝日が歪曲して報道したことを産経新聞は批判しているが、両紙とも自社の論旨を証言から読み取り記事にしている。90%の作業員が指示に反して避難しているが、混乱の中で指示を理解できたかどうか疑問だ。また吉田所長は、東電本部が避難に関する自分の報告を理解しておらず、総理大臣に状況を正しく伝えなかったことについて批判している。次々と続けざまに起きる手に負えない災害に対処する吉田所長との意思疎通では、歪んだ情報がやりとりされていた。

緊急システムの正しい使用法を知らなかったことを吉田所長が認めていることも気がかりだ。原子力規制委員会の新安全基準は不完全で、原子力産業界はこの危機から安全性管理について学んでいないことは明らかだ。

政治的理由によるバッシングの最中ではあるが、朝日はこれまでに、不祥事を公にして世の中の透明性を促進し、日本の民主主義に大きく貢献してきたことも忘れないようにしたい。朝日が戦時中の過去を掘り下げることで日本の評判を高めたことも事実だ。日本国民は原発再稼動、武器輸出、集団的自衛権、秘密保護法に反発している。安倍政権は日本国民を無理やり引きずって右翼側に進んでいる。今、言葉巧みなごまかしを暴いてもらうために朝日に足元を立て直してもらうことを、日本はこれまでにないほど必要としている。

人権:全ての個人は公平に待遇されねばならず、残虐な方法で扱われないという最も基本的な権利の一つ。特に政府機関による扱いについて。
スポンサーサイト

エマ・ワトソンさんは立派でした

と、いうわけで、英国女優エマ・ワトソンちゃん(24)が男女同権推進運動、国連親善大使として行った国連スピーチをネット上で聞いたところ、手に汗握る緊張感とその内容の素晴らしさに心動かされました。






要旨

英国の著名な女優、女性の権利と男女同権擁護者、女子教育推進活動に携わり、人道的援助活動でバングラデシュ、ザンビアから戻ってきたばかり、これが国連(UN) Women 親善大使初の仕事となるエマ・ワトソンさんのスピーチ。

半年前にUN Women親善大使に任命された。男女同権を実現するためのHeForSheのような試みはUN初となるものだ。全ての人、特にできるだけ多くの男性、少年に参加してもらい変革の擁護者になってほしい。

「フェニミズム」は男性嫌悪と同一視されているが、これは誤りだ。「フェミニズム」の定義は政治、経済、社会において男女が同等の権利を持つこと。

自分の経験では、子供の頃劇の監督をやりたいと言ったら、「威張り屋」と言われ同じことを言った男の子はそうは言われなかったこと、ティーンエイジャー時代にはメディアに性的なことを書かれ、スポーツチームの女の友達は筋肉質になりたくないからチームをやめ、男の友人は自分の感情を表に出すことができなくなったことなどに考えさせられてきた。

フェミニズムという言葉は人気がない。女性はフェミニストと思われたくないと考えている。フェミニストである自分は表現が強すぎ、攻撃的、孤独、男の敵と思われ魅力的な人だとは思われていないのがわかる。

英国国民として、女性は男性と同等に扱われる権利、自分の体について選択する権利、自分の生活に関わる政策や決定に参加する権利、男性同様に尊敬される権利があると考えている。しかし、女性がこの権利を実現している国は世界にただ1つもない。

自分は恵まれていた。両親は女だからと自分を差別せず、学校でも男女平等、大学の指導者も未来の出産を理由に自分をワンランク下に扱うようなことはなかった。彼らは無意識のフェミニストといえるが、それでも「フェミニスト」という言葉を嫌っている。しかし、大事なのは言葉ではなく、その裏にある意識だ。

自分と同じように平等な扱いを受けている女性は世界では少数だ。1997年にヒラリー・クリントンが中国で女性の権利を訴える演説をしたが、そのときから現在まで状況はほとんど変わっていない。しかも、その演説の聴衆中男性の割合はたった30%だった。この目的達成のためには、もっと多くの男性に参加してもらいたい。なぜなら、男女同権は男性の問題でもあるからだ。男性としての家庭での役割が過小評価されている。また、精神的に病んでいる若い男性は、「男らしくない」と思われたくないばかりに助けを求めることができないでいる。英国男性20~49歳の死亡理由は事故や癌・冠動脈疾患を上回り自殺が1位だ。「男としての成功」のために、自らを歪め、危険にさらされているといえる。男女の不平等で男性が得をしているわけでもない。こうあるべき、という観念に縛られている。その考え方が変われば女性も自由になれる。男女共に繊細で、強く、自由であるべき。自分の母親や娘を偏見から開放し、息子には繊細で人道的であることも認められる。男性/女性という2つの相反する基準という考えから脱却すれば、真の自分自身でいられるようになる。

ハリーポッター映画の女の子が国連で何を言ってんだか、と思われるかもしれないが、それは自分も思うことだ。自分はこの問題について考え、見てきたことについて何かしたいと思った。その機会を与えられたからには、話すことは自分の義務だ。政治家Edmund Burkはこう言った、”All that is needed for the forces of evil to triumph is for good men and women to do nothing. (悪の力が勝利するには、正しい男性そして女性が何も行動をおこさないだけでいい)” 。このスピーチをする緊張と不安を感じたときには、”If not me, who?; If not now, when (私でなければ、誰が? 今でなければ、いつ?)” と自分に言い聞かせて自分を奮い立たせた。自分と同じように不安を感じることがあったら、この言葉が助けになればと思う。

同じ仕事をした際に女性が男性と同額の報酬をもらえるようになるまでに、何も行動をこさなければ67年かかる。今後16年間で成人する前に結婚する少女の人数は1550万人。アフリカで全ての少女が中等教育を受けられるようになるまでこの流れは続く。

こういったことを不平等だと思う人は意識していなくても称賛に値するフェミニストだ。男女平等を実現するために一丸となれる運動がHeForSheだ。


景気は本当に上向いているのか?

「黒魔術的アベノミクス」の失敗についてリチャード・カッツ氏のインタビュー
*(JT/ Jeff Kingston)要旨

●労働市場の変化に注目されていますが、実際に何が起こり、それが意味するものは何でしょうか?
―非正規労働者(派遣、パート、アルバイト)の割合は1980年台の15%から現在は38%に増加している。賃金は時間給にして正規労働者の6割、労働時間は正規労働者より短く、ボーナスやその他の手当もない、しかも簡単に解雇できるから企業は非正規労働者を多く雇う。結果として消費者の購買力が落ちる。結婚している30歳代男性の割合は、正規労働者は70%なのに対し非正規労働者は25%。安倍総理はこれに対して対策を立てていない。これまでのところ安倍政権で増加した求人は非正規の就職口ばかりだ。

●労働市場が厳しいのは経済が改善しているからでしょうか?
―求人倍率は1.1%だが、4月時点で短時間労働者の求人倍率が1.4%、正規労働者では0.95%。実質賃金は下がり続けているから、成長や2%のインフレ目標を達成するには消費者の購買力は不十分。

●アベノミクスは信用詐欺だと主張されていますが、その理由は?
―安倍総理によれば、日本沈滞の原因は「自信の欠如」だが、原因は日本人の心理状態ではなく現実社会にある。信用詐欺とは、現実的な対策がなく聞こえがいいだけの第三の矢のことだ。

●構造改革の提案について
―これまでに行われた大規模な改革に匹敵する構造改革は安倍政権で行われていない。
やろうと思えば、正規/非正規労働者の賃金を均等化する法律を通過させたり、原発関連事業の不正に対抗する処置を取ることもできる。JAの独占禁止法適用除外を撤回して産業の構造を改革することができる。大企業による中小、下請けへの圧力を禁止する法律もつくれるはず。

●なぜアベノミクスはエンストしそうなのでしょうか?
―安倍総理の政策は実質的に金融緩和(第二の矢)だけだ。三本の矢は3つの政策が全て機能して効果を表す。税率を上げて緊縮を強制しているが、これのせいで金融緩和が無効化している。

●地方再活性について、来年の地方選をターゲットにした選挙区向け事業の焼き直しでなないかという声がありますが。
―その通り。

●「日本沈滞をインフレで解決する政策は、発熱患者を治療するのに体温計に氷をあてがうようなものだ」というあなたの真意は?
―デフレは原因でなく国内民間需要が弱まっていることによる症状のようなもの。原因は消費者の収入が減っていることだ。呼応して賃金が上がらなければインフレにより事態は悪化する。物価と消費税の上昇により実質収入は2013年と比較して6%減少している。

●ではどうするべきでしょうか?
―増税を先送りすべき。公共事業を増やしつつ短期の刺激策を実行すること。雇用が改善する上に成長戦略にも通じる。一票の格差を是正して地方の声を反映させること。予算負債への対策に取り組む前に経済再生を達成するべき。

●「ウーマノミクス」政策について
―誇大広告。結婚、出産を機会に仕事をやめなくてはならない構造が問題。仕事も育児もできる環境が必要。安倍政権は形だけの平等主義で実質的には取り組んでいない。

●TPPの今後の見通しについて
―酪農事業者の世帯を守るために尽力をそそいでいたが、守るべきはその他の4600万世帯。2016年に日米共に選挙があるので、早いうちに決着をつける必要がある。







いいんじゃない?

翻訳の専門は医学/薬学ですが他ジャンルの文章も翻訳しておりますよ。

法律、特許、IT、金融、字幕・・・以外だったら何でもやりますが、

楽しい情報満載のプレゼン資料やエンターテイメント関連は好き。


最近の発見

Loyd Spiegel(ロイド・スピーゲル):オーストラリアのギタリスト、
存在すら知らなかったけど音が良い、上手いです。日本にも何回か
いらっしゃっていたのですね、知らなくてすみませんでした。

Von Hertzen Brothers(ヴォン・ヘルツェン・ブラザーズ? 
ヴォン・ハーテン・ブラザーズ?・・・発音わかりません)
:フィンランドのプログレッシブハードロックバンド。ツアー
情報ではフィンランド国内とイギリスでツアー行うみたい、
このあたりで人気あるみたいですね。そんな感じの音。
いいねー。ルックスも良いですね。

最近は音楽を買う余裕もないので、Webで視聴できるのは実にありがたい。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR