エマ・ワトソンさんは立派でした

と、いうわけで、英国女優エマ・ワトソンちゃん(24)が男女同権推進運動、国連親善大使として行った国連スピーチをネット上で聞いたところ、手に汗握る緊張感とその内容の素晴らしさに心動かされました。






要旨

英国の著名な女優、女性の権利と男女同権擁護者、女子教育推進活動に携わり、人道的援助活動でバングラデシュ、ザンビアから戻ってきたばかり、これが国連(UN) Women 親善大使初の仕事となるエマ・ワトソンさんのスピーチ。

半年前にUN Women親善大使に任命された。男女同権を実現するためのHeForSheのような試みはUN初となるものだ。全ての人、特にできるだけ多くの男性、少年に参加してもらい変革の擁護者になってほしい。

「フェニミズム」は男性嫌悪と同一視されているが、これは誤りだ。「フェミニズム」の定義は政治、経済、社会において男女が同等の権利を持つこと。

自分の経験では、子供の頃劇の監督をやりたいと言ったら、「威張り屋」と言われ同じことを言った男の子はそうは言われなかったこと、ティーンエイジャー時代にはメディアに性的なことを書かれ、スポーツチームの女の友達は筋肉質になりたくないからチームをやめ、男の友人は自分の感情を表に出すことができなくなったことなどに考えさせられてきた。

フェミニズムという言葉は人気がない。女性はフェミニストと思われたくないと考えている。フェミニストである自分は表現が強すぎ、攻撃的、孤独、男の敵と思われ魅力的な人だとは思われていないのがわかる。

英国国民として、女性は男性と同等に扱われる権利、自分の体について選択する権利、自分の生活に関わる政策や決定に参加する権利、男性同様に尊敬される権利があると考えている。しかし、女性がこの権利を実現している国は世界にただ1つもない。

自分は恵まれていた。両親は女だからと自分を差別せず、学校でも男女平等、大学の指導者も未来の出産を理由に自分をワンランク下に扱うようなことはなかった。彼らは無意識のフェミニストといえるが、それでも「フェミニスト」という言葉を嫌っている。しかし、大事なのは言葉ではなく、その裏にある意識だ。

自分と同じように平等な扱いを受けている女性は世界では少数だ。1997年にヒラリー・クリントンが中国で女性の権利を訴える演説をしたが、そのときから現在まで状況はほとんど変わっていない。しかも、その演説の聴衆中男性の割合はたった30%だった。この目的達成のためには、もっと多くの男性に参加してもらいたい。なぜなら、男女同権は男性の問題でもあるからだ。男性としての家庭での役割が過小評価されている。また、精神的に病んでいる若い男性は、「男らしくない」と思われたくないばかりに助けを求めることができないでいる。英国男性20~49歳の死亡理由は事故や癌・冠動脈疾患を上回り自殺が1位だ。「男としての成功」のために、自らを歪め、危険にさらされているといえる。男女の不平等で男性が得をしているわけでもない。こうあるべき、という観念に縛られている。その考え方が変われば女性も自由になれる。男女共に繊細で、強く、自由であるべき。自分の母親や娘を偏見から開放し、息子には繊細で人道的であることも認められる。男性/女性という2つの相反する基準という考えから脱却すれば、真の自分自身でいられるようになる。

ハリーポッター映画の女の子が国連で何を言ってんだか、と思われるかもしれないが、それは自分も思うことだ。自分はこの問題について考え、見てきたことについて何かしたいと思った。その機会を与えられたからには、話すことは自分の義務だ。政治家Edmund Burkはこう言った、”All that is needed for the forces of evil to triumph is for good men and women to do nothing. (悪の力が勝利するには、正しい男性そして女性が何も行動をおこさないだけでいい)” 。このスピーチをする緊張と不安を感じたときには、”If not me, who?; If not now, when (私でなければ、誰が? 今でなければ、いつ?)” と自分に言い聞かせて自分を奮い立たせた。自分と同じように不安を感じることがあったら、この言葉が助けになればと思う。

同じ仕事をした際に女性が男性と同額の報酬をもらえるようになるまでに、何も行動をこさなければ67年かかる。今後16年間で成人する前に結婚する少女の人数は1550万人。アフリカで全ての少女が中等教育を受けられるようになるまでこの流れは続く。

こういったことを不平等だと思う人は意識していなくても称賛に値するフェミニストだ。男女平等を実現するために一丸となれる運動がHeForSheだ。


スポンサーサイト

清水vs浦和

さて、愉快な出来事もなく淡々と毎日が過ぎて行くここ最近、それでも嫌々ながらもやらねばならないことはそれなりにあるものだから、すっきりとしない心持ちばかりが溜まっていくのがつまらない。先日の連休なども、予定も何もなかったのだけど、たまたま清水エスパルス対浦和レッズの試合のチケットをもらったものだから、久しぶりに会う遠方に住む姉、そして両親と連れ立ってサッカーの試合観戦に行ったのでした。



浦和対清水ならば清水の応援をする、ということで意見の一致をみる。

KIF_4525PS.jpg


・・・直射日光を正面から浴びなければならない辛い席であった。そして、親の水分補給状態ばかりが気になるのであった。

そして、試合結果は、4対1で清水敗北。最後のダメ押しの1点はオウンゴールだった。


帰り道に父親が一言
「・・・しかし、あの2点目のシュートを決めた興梠は上手かったな」




しかし、2点目を入れたのは李忠成だったのであった。




平和であった。


李忠成を応援しております。

景気は本当に上向いているのか?

「黒魔術的アベノミクス」の失敗についてリチャード・カッツ氏のインタビュー
*(JT/ Jeff Kingston)要旨

●労働市場の変化に注目されていますが、実際に何が起こり、それが意味するものは何でしょうか?
―非正規労働者(派遣、パート、アルバイト)の割合は1980年台の15%から現在は38%に増加している。賃金は時間給にして正規労働者の6割、労働時間は正規労働者より短く、ボーナスやその他の手当もない、しかも簡単に解雇できるから企業は非正規労働者を多く雇う。結果として消費者の購買力が落ちる。結婚している30歳代男性の割合は、正規労働者は70%なのに対し非正規労働者は25%。安倍総理はこれに対して対策を立てていない。これまでのところ安倍政権で増加した求人は非正規の就職口ばかりだ。

●労働市場が厳しいのは経済が改善しているからでしょうか?
―求人倍率は1.1%だが、4月時点で短時間労働者の求人倍率が1.4%、正規労働者では0.95%。実質賃金は下がり続けているから、成長や2%のインフレ目標を達成するには消費者の購買力は不十分。

●アベノミクスは信用詐欺だと主張されていますが、その理由は?
―安倍総理によれば、日本沈滞の原因は「自信の欠如」だが、原因は日本人の心理状態ではなく現実社会にある。信用詐欺とは、現実的な対策がなく聞こえがいいだけの第三の矢のことだ。

●構造改革の提案について
―これまでに行われた大規模な改革に匹敵する構造改革は安倍政権で行われていない。
やろうと思えば、正規/非正規労働者の賃金を均等化する法律を通過させたり、原発関連事業の不正に対抗する処置を取ることもできる。JAの独占禁止法適用除外を撤回して産業の構造を改革することができる。大企業による中小、下請けへの圧力を禁止する法律もつくれるはず。

●なぜアベノミクスはエンストしそうなのでしょうか?
―安倍総理の政策は実質的に金融緩和(第二の矢)だけだ。三本の矢は3つの政策が全て機能して効果を表す。税率を上げて緊縮を強制しているが、これのせいで金融緩和が無効化している。

●地方再活性について、来年の地方選をターゲットにした選挙区向け事業の焼き直しでなないかという声がありますが。
―その通り。

●「日本沈滞をインフレで解決する政策は、発熱患者を治療するのに体温計に氷をあてがうようなものだ」というあなたの真意は?
―デフレは原因でなく国内民間需要が弱まっていることによる症状のようなもの。原因は消費者の収入が減っていることだ。呼応して賃金が上がらなければインフレにより事態は悪化する。物価と消費税の上昇により実質収入は2013年と比較して6%減少している。

●ではどうするべきでしょうか?
―増税を先送りすべき。公共事業を増やしつつ短期の刺激策を実行すること。雇用が改善する上に成長戦略にも通じる。一票の格差を是正して地方の声を反映させること。予算負債への対策に取り組む前に経済再生を達成するべき。

●「ウーマノミクス」政策について
―誇大広告。結婚、出産を機会に仕事をやめなくてはならない構造が問題。仕事も育児もできる環境が必要。安倍政権は形だけの平等主義で実質的には取り組んでいない。

●TPPの今後の見通しについて
―酪農事業者の世帯を守るために尽力をそそいでいたが、守るべきはその他の4600万世帯。2016年に日米共に選挙があるので、早いうちに決着をつける必要がある。







検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR