スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと前の新聞記事

ちょっと古くなりますが、「テロリストとの交渉するヨルダンの権利」Bloomberg 2015年1月29日、次のような内容の記事がありました。

――ヨルダンって、今、人質と囚人の交換やろうと思えばできるでしょ、アメリカは「テロリストに身代金払わない原則」みたいなものを押し付けてくるけど、今回の状況って違うよね。

日本人の人質との交換相手は10年前に50人程死者が出たテロの自爆失敗犯。それで、日没までにIS側が提示してる交渉に応じなかったら、ヨルダン人のパイロットを殺害するって言ったよね。でももう期限は過ぎて、ヨルダンはかっなり辛い立場で、ヨルダンの国民はアメリカの空爆に参加したがってないし、パイロットの親は子供を連れ戻せって活動してる。

そんな状況で、ヨルダンの大事な援助国の日本が、今、助けを必要としてる。アメリカのコメントは「我々はテロリストに譲歩はしない」って言うだけ。

まあ、孤高の世界大国アメリカのコメントとしてはそんなもんでしょ。でもヨルダンは違う考え方したっていいじゃない。捕虜交換と身代金はどっちも譲歩だろうけど、本質的に違うでしょ!

最初の身代金要求を日本は公正に断った(これで日本人の人質は一人殺害された)。払ってたら、ISを調子に乗らせてもっと人質が増えるしテロの資金が潤沢に・・・

でも人質交換じゃそんなこと起きないし、今回の交換相手の囚人は小物でしょ、オサマ・ビン・ラディンを要求してるわけでもなし!ISに復帰したって、大したことできるわけないよ。だいたい捕虜交換はどこでもやってるじゃん、イスラエルもハマスやヒズボラとやってるし、アメリカだってタリバンメンバーを5人解放したよ、去年。今回捕虜交換したところで、ISはこれから先、こんな感じで捕虜を増やそうなんてしないよ、だって、捕虜って普通は敵の戦闘員だから。欲しいのは戦闘員の捕虜。今回は倫理問題だってほとんどないよね、人道的にも戦略的にも。ヨルダンは日本人ジャーナリストと死刑囚を交換すべきです、その上でパイロットの解放に向けて行動を起こすべきなんです!――


あの中東での安倍首相の行動があった時点で、それがどこの国にいる誰であれ、必ず日本人の被害者は出る運命にあったろうと思われる・・・そして、後藤さんと湯川さんは救出できたはず、です。

スポンサーサイト

日本の良心のような・・・


ひたすら悲しい1週間でした。


買い物する際の先人のコメント以外のコメントというものは目に入れないようにしているのであった。その理由は、古本屋で適当に買った名著『イライラしたときに冷静になる方法』著者 植西聰、第5章の極意その10「イライラする場面を見かけたら視界から消すことで解消する」の実践であるが、役に立つ。(好きなタレントの写真を見る極意も役に立ちます。)

それでもたまに目に入ってしまう。

ワイドショー化したメディアは見ない。どこの国の政府もろくなもんじゃない。

「自分の口から声明を発するのを最後まで拒んだのではないか?」という推論を読み納得を感じましたが・・・本当に勇敢な方だったのでしょうね・・・

家族の方々の気持ちは想像を絶するものであることは想像できる。決して表には出ない様々な状況を経験したであろうことを想像、これからの日々も大変になるだろうことも想像・・・そしてまた悲しくなる。


戦争と暴力のない世界実現のためにできる努力はあるか?

参考)会計監査院報告、2013年度無駄使いされた税金は2830億円。(私たちの税金が・・・当然ですが、税金の中には今回事件の被害者、ご家族の税金も含まれています・・・ひどい)








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。