スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋

イチローがメジャーリーグ3000本安打を達成し、リオ・デ・ジャネイロ五輪の栄光の瞬間がライブ映像で放映されている素敵なこの頃。情報も大量生産・大量消費される日々、皆さんはもうお忘れになっていることでしょう、宮地佑紀生のことを。

かつてわたくしが名古屋に居住を始めた頃、友人がこう言ったものでした。



「名古屋と言えば、ミヤヂユキオ」



何なのでしょうか「ミヤヂユキオ」、名古屋めしの一つでしょうか?


しかし、宮地佑紀生は食べ物ではなく、今やご存知のように、当時は寿がきやCMそして朝のワイドショーで赤いジャンプスーツに身を包みイタチ顔、名古屋弁で悪意のない毒舌を全開させるおもろいおっさんなのであった。


名古屋の朝は宮地佑紀生で始まった。

「宮地佑紀生は名古屋の朝そのものであった」





名古屋を離れ静岡に移る際に殊更心残りだったのは、吉本新喜劇と宮地佑紀生をテレビで見れなくなることであった、と言えばその存在の大きさを分かっていただけるでしょうか?


そしてあの事件を例えるなら、うちの町内の町会長がラジオに出演した際に副会長をマイクで殴って逮捕された、河村名古屋市長がラジオに出演した際に副市長をマイクで殴って逮捕された、ロビン・ウィリアムズがラジオに出演した際にベン・スティーラーをマイクで殴って逮捕された、位の衝撃であったと言えば分かっていただけるでしょうか?



このような少々時期を逸したことを書くのも、先日名古屋に出かける機会があり少々懐古的気分になったせいであろうか。


時期を逸したついでに、我が藤枝市の駅前商店街の写真を以下に掲載。

KC3V0034.jpg



ここにも
KC3V0037.jpg


ここにも
KC3V0036.jpg

あそこにも!
KC3V0035.jpg


という訳で、地元に愛される長谷部選手、
おめでとうございます。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。