大道芸ワールドカップ

「大の字に寝て涼しさよ淋しさよ」(小林一茶)


涼しいというよりもこの寒さ、大の字になっている場合ではない。


というわけで、天気も良いので静岡市が世界に誇る一大イベント、年に一度の「大道芸ワールドカップ」(10月31日~11月3日)に出かけたのでした。


さて、静岡市が世界に誇る一大イベント、年に一度の「大道芸ワールドカップ」を知らない方のために説明させていただきますと、静岡市街地メインロード(呉服町通り、七間町通り、青葉公園等)と静岡市が誇る市民と鳩の憩いの場である駿府城公園を主な会場とした約40のステージで、日本国内と世界の各地から招かれ又はオーディションを勝ち抜いた腕に自信のある路上パフォーマー約100組が、軽業、曲芸、手品、笑劇等を繰り広げる、静岡市街地テーマパーク化の秋の4日間なのでした。観客はガイドブックを頼りに、見たい演目を目指してステージからステージへ市内をあちらこちらと移動。ちなみに全ての演目の観覧は無料、運営は全て市民ボランティア(弁当支給有り)。


朝10:45 まず最初に青葉公園内のインフォメーションでガイドブックを買ったら、とりあえず一番近くのステージにGO!
演者は"ミスターファンタスティック"(USA)高まる観客の期待感の中ミスター登場。やけに軟らかい全身の関節をもう不自然な形に曲げてくれるミスター・・・ そんなミスターに訪れた機材トラブルという本物の危機にハラハラさせられた後は、駿府城内堀と外堀の間にある元青葉小学校校庭へ。

11:45既に始まっている"ダメじゃん小出"(日本)、毒舌。
続けて"ハイドラゴン"(フランス)、もの悲しいアコーディオンを奏でる年配の男性と、不安定な1本のロープを高く登ってゆく細長い人・・・
high.jpg

折りよく近づいてくる救急車のサイレンがみんなの不安を煽ります。お願いだから落ちないで!

駿府城公園に移動して富士宮やきそばで昼ごはんを済ませたら、

サイヤ人発見!
T.jpg

と思ったらジャグラーの"天平"(日本)さんでした。ヨッ!日本一!と思ったら数年前に大道芸ワールドカップ日本部門で一位になって自動車をもらったそうです。そんな素敵なジャグリングの写真を一枚、とカメラを構えたら突然カメラが動かなくなってしまいました。

続いて灰色の原始人? ベネズエラからやってきたアイム・モラレスさんでした。
M.jpg

グルグル回るんです。さらに小学生を背負って回ってみたり・・・
M2.jpg



さて、葵区役所の前では"パオロ・カイザー"さん(チェコ)がブラック度5割増しのブラックウィドウなアシスタントを引き連れて力のこもったバランス技で魅せる!
P2.jpg

最後は威張る!
P.jpg



高校生?みたいな二人組みが何をするかと思ったら・・・(手前の人は観客代表です)
sun.jpg

シーソーに限界はなかった。
sun2.jpg



静岡伊勢丹向かいのザ・スーツカンパニービル(6階建て)の屋上に何かが・・・
D.jpg

ミッションインポッシぶってる!!
D3.jpg

拡大、真剣です。
D2.jpg



再び駿府城公園の中。怪しげな三人組"ラ・タム"の劇団がスペインからやってきた。
R.jpg

R2.jpg



そして日も落ちて楽しかった大道芸フェスティバルもフィナーレ・・・
B.jpg



そして、プライベートな本年の大道芸ワールドカップ優勝者は・・・
優勝:ラ・タム 
わたしを劇団員に加えてください。

準優勝:ダメじゃん小出
どこが良いのかと聞かれるとはっきりと答えられないのですが・・・

第三位:ブラックウィドウなアシスタント
「ボンドガールみたいだな・・・」(孫と一緒に観覧していた隣の老紳士のつぶやき)


公式な優勝者情報はこちら
http://www.daidogei.com/

来年は25周年だそうです。




珊瑚

サンゴは動物である。

固い枝のようなものの先から食事のために透明のチョロッとした手のような舌のようなものを出してみたり、軟体性のものは水流に乗ってフラリフラリと揺れてみたり、または精神的ストレスのあまり全身から粘液を放出したり、小魚がその粘液を食べてみたりと、海洋生態系の一翼をまかされている重要な動物であるらしい。


名古屋水族館でサンゴ水槽を増設した旨を知り、同水族館乾坤一擲のサンゴアクアリウムを見に行ってきたのであった。



KC3V0014P.jpg
(フラッシュは焚いていませんよ、ご心配なく)




辺野古基地新設に際し「サンゴ礁破壊」と記載されている記事がありますが、「サンゴ、虐殺」に改めたいところです。


そして、このサンゴは想像を上回るほどに繊細で傷つきやすく、ちょっとした温度の変化、振動、光、視線、心無い一言などに耐えられず衰弱死に至ると言う。

菅内閣官房長官が沖縄訪問・・・沖縄に足を踏み入れた瞬間に沖縄のサンゴが全滅するのではないかと不安です。






暗いニュースばかり


「日本にもこんなに立派なジャーナリストがいたんだ・・・」

と、数多くの方々と同じように思いつつ・・・


http://islamcenter.or.jp/about-us/news/




身代金を渡すことなく、二人ともなんとか生きて日本に帰ってきて欲しいものです・・・
しかし、身代金を渡してはいけないと分かっていても、身代金募金の動きがあれば喜んで協力しますよ。



なぜ、政府は知ってたくせにもっと早く救出活動しなかった?
今、世界中のあらゆるルートの努力で二人の救出が進んでいることを期待します。




CNNニュースより

後藤氏(映像):「自分の責任です、もし何かが起きたとしても、」

CNN:――後藤氏は明言しています、どのような事態に陥ってもシリアの人々に責任を負わせたくないと。シリアで起きていることを伝える決意は固いと。

後藤氏(映像):「シリア国民は3年半も苦しんでいます、もう十分でしょう。ISISが何をしたいのか伝えたいのです。」



「自己責任」の定義自体が、日本国内と国外とでは理解がまるで違う、らしい。




あけましておめでとうございます


「本質部分で水墨的でありたいな」、という願いとは裏腹に2014年はひたすら仕事、すなわち物質的な日常に明け暮れた一年でした。



・・・不毛であった



と思いつつ、年末と年始の区別もあいまいに年を越し、お神酒と甘酒をいただきに初詣を済ませ一月一日も過ぎ去るいま・・・

いま!!



羊


筆をとる時間などもできました。


2015年、あけましておめでとうございます。

皮膚科など

・・・踝に2年以上なくならない胼胝(タコ)のようなものがある。

革靴の当たり具合が原因であることはわかっているのでほったらかしにしていたのだけれど、「もし感染症で、この役にも立たぬ固ったい皮が全身に広がったらいかがなものか?」という不安がある日突然湧き上がり、湧き上がったらこういう不安は増殖するのが常なものだから、日常のいろいろなものがおそろかになり、仕方がない、皮膚科を受診したのがもう1ヶ月も前のことになる。

はたして感染症ではなかった。

だったらもうほっといてもいいのではないかと思う

のだけれど、説教とともに薬を処方され、ひたすら薬(ヒスタミン軟膏と抗アレルギー薬)を使い、治療の出だし時期と比べれば胼胝(タコ)は改善している。


ありがたい、


のだけれど、命に関わるものではないので、いろいろと考えるのであった。


この医師(開業医)は患者と保険者から受け取った報酬をどのように使うのか?


従業員への給料、設備費、医師としての自己投資等の運営費、家計に回すのは当然として、それ以外には?

かっなり少ない収入から税金を行政に渡している身として、その自分の納めた税金が政治家の接待費に使われていたり、無駄遣いあるいは科学的知見や良識と逆行する政策に使われるのが腹立たしいのと同じ理論で、医療費として支払った自分の収入が、自分の支持していない団体の支援金などに当てられていたらつまらないのである。

医療技術に差がないのであれば、医師の社会的ポリシーを基準に病院を選んでも十分良いに違いない。そして、その医師の趣味はゴルフ(知人からの情報)であるらしかった。ゴルフ場・・・生態系破壊・・・テレビで見る英国のゴルフ場の寂寞感は好きだ・・・英国に行きたいなあ・・・


というわけで本日は投票日であり、どの政党も自分が考える問題解決策を掲げてはいないけれど、自分が考える未来とは違う方向に向かった政策を掲げる政党の抑止力になりそうな政党に投票しにいってきます。






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR