スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

2018年賀

水墨的生活とは看板に偽り、これは水墨画ではないのではないかと思われた方、あなたは年明け早々冴えている、冴えまくっているかもわからない。これは水墨画ではなく、色紙を切って貼ったものなのであった。なぜ水墨画でないかともし尋ねられたら、私はこう答えるかもしれない。昨年を通じて色々ありましてすっかり腕が鈍ってしまいましたが、その色々を一つ一つ数え上げるにはあまりに無味乾燥なことばかりで読まれる方も退屈されましょうから、そこは割愛させていただき取り敢えずは

あけましておめでとうございます、本年もよろしくお願い致します。



シラス一匹、米一粒たりとも無駄にできないということ



野生の猛禽ハヤブサ的な鳥が、ワタシの居住する住宅の屋上を食事処に定めたらしく、捉まえられた鳥の羽やら何やらが屋上から雪のように舞い落ちてくることが本年しばしばある。昨日外から奇声が聞こえ、窓ガラス越しに外を見ると、高速で真っ直ぐこちらに向かって来るハヤブサ的鳥を正面に見て狼狽したところ、上階から羽を散らせながら右方向に逃げるハト、部屋の窓にぶつかる直前に左側に方向転換するハヤブサ的鳥。ハトの逃げた方向を追ったけれど、二羽とも姿を見失いその先のハトの運命は分からず。ハトも災難だけれど、猛禽類も絶滅が危惧されているらしく、食物がなければこの寒い季節まず野生生物は生き延びることはできず、餌付けもできず、みんながんばれとしか言えず。しかし猛禽類の狩りの現場を初めて目にして感動しました。

他生物に食べられる心配の無い人間、特に食物を手に入れるのに命がけになる必要もなくちょいと近くのコンビニに行けば足りる日本人であることに感謝するのであった。

感謝・・・・・・便利過ぎてともすれば忘れがちな感情。そういえば子供の頃、親や幼稚園・学校の先生から「食べるときに作ってくれた人たちに感謝して『いただきます』と言いましょう」と教わった。野菜を作った人、魚を網で引上げた人、加工した人、調理した人に感謝。正しい。正しいことだけれど。

経済的活動は相応の金銭対価をもらった時点で或る程度完結しているのではないかということはさておき、その労力に感謝。だけれど、教わった「いただきます」にもっと大事なものが欠けているのに気付いたのはずっと後になってからなのでした。

「我々が食べるほぼ全てのものは生物・生命である(塩以外は生物自体または生物の生命活動による産生物)」という根本的な事実。そして生命は自分自身が生きるために存在しているのであり、人間に食べられる事を目的に存在しているのではないという事実(一部の寄生虫を除く)。「人は一人で生きているのではない」というけれど、どれだけの生命を犠牲にして今まで生きてきたのか考えると、生命を犠牲にしてくれた生物に感謝してもし尽くせず、浪費した人生について謝っても謝りきれず、せめて腸内細菌だけは大事に育てようと思う年の暮れ。「いただきます」に感謝と謝罪を込めて。



『We Feed the World』:食物はどのように生産されるのか、大量生産が人々の生活や自然環境をいかに変化させたのかを明らかにするドキュメンタリー。



祭りの話

「みんなが行くところに行きたいな~」

とかつてジンジャー・ワイルドハートが叫んでいたように(→ 確認はこちら)、皆が行きたくなる所といえば、愉快な気分を味わえそうなテーマパーク、フェスティバル、祭り等、華やかな場所・イベントが考えられるけれど、ここに翻訳者達が集う祭りがある。



翻訳祭


「翻訳」の地味な語感と「祭」の高揚感との相性の悪さがたまらない。実際のところ祭りというより業界勉強会のように、一年に一度翻訳に関連したテーマごとに講演やシンポジウムが開かれ、さらに翻訳用ソフトウェアなどの製品が展示される実務的・堅気な催しなのであった。

本年度の参加申し込みはうっかりしているうちに締め切られていたらしく、確かめてみれば今年は有益そうな演題が多く参加できないのが少し残念だけれど、昨年参加した祭りではあまり有益な情報は得られず、記憶に残っている情報も一点のみなのであった。


「マシュー・マコノヒー」をどうすべきか。


(※「マシュー・マコノヒー」とは人間、米国男優。顔は浦和レッズの槙野と同系列、カナダのトルドー首相とそっくり)
演者は英語の原音に似せて「マシュー・マコナヘイ」と記載すべきであると鋭い目つきで、冷笑的に語るのであった。


「Matthew McConaughey」を「マシュー・マコノヒー」と読んでも「マシュー・マコナヘイ」と読んでも英語圏の人達には通じないような気がするけれど、「大谷翔ヒー」「内村航ヒー」などと海外で発音されるようなものだろうか。



「そんなに真剣にならなくても・・・・・・」


と、その時の私は思ったのであった。


「マコノヒー」が定着してしまった現在、「マコナヘイ」への突然の変更は様々な混乱が生じそうであるし、本人が抗議するのなら訂正すべきだけれど、目・耳に入った際に浮かぶのが、あの顔、あの声、あの姿なら(→ 確認はこちら)「マシュー・マコナヒー」でも「マシュー・マコナヘイ」でも「マシー・モシノ平」でも問題ない気がするのだけれど。日本語の発音と英語の発音は違うということを覚え、違いを確認しておけば良いのではないかしら。しかし、先日映画館に出かけた際に(『Thor: Ragnarok』を見ました)マシー出演の公開予定作品『ブラック・タワー』宣伝広告写真の等身大マシーがあまりに格好良く、強い衝撃を受けたのであった。マシーについて妥協を許したくない熱狂的ファンもいるのかもしれないなと気付いた最近。


※陰惨なストーリーながら後味の良いマシー出演作『トゥルー・ディテクティブseason 1』




"beauty"も"beast"も王子であったことの記憶

エマ・ワトソンちゃんを見たかったものだから、映画館まで出かけて『美女と野獣』を観覧したのも半年前のことだけれど、私が見に行く大抵の映画と異なり、観客中に女性の占める割合がかなり高い(推定9割以上)ことにいささか戸惑いを感じたものであった。多感な方が多いのだろうか、映画の終盤近くでは前後左右から洟をすする音、押し殺した嗚咽等が聞こえてくるのであった。そして、物語は頂点の野獣覚醒。その瞬間わたしは見た、観客席の時間が一瞬止まるのを!観客総石化であった。洟すすりなし。嗚咽なし。

観客が息をするのを忘れるほどに神々しいダン・スティーブンス氏登場の瞬間であった。

・・・・・・あれは僥倖であった。

かつて『Thor』が海外で公開された時、最近調子に乗りすぎた感のあるトム・ヒドルストンさんがスクリーンに登場した瞬間、これに似た現象が起きたそうだけれど、まあ大変なことです。

半年も前のことを思い出したのは、ダン・スティーブンス氏主演のTVシリーズ『Legion』シーズン1の日本語版DVDが発売・レンタルされているのを目にしたからである。年末に見ようかなあ・・・・・・





中庸が大事であると

日本は一党独裁的な方向にむかっているのかもしれず、そうなると、投票権放棄の国民も含めて国民の支持が一党に向けられているのなら「選挙制度そのものをなくしても構わない」との意見が出ないとも限らず、そうなれば今後日本が辿る未来は一党独裁国家、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国といった実例が既に存在し、その行き着く先は容易に想像できたりもする。北朝鮮の脅威は問題であるけれど、北朝鮮政府がひた隠しにする平壌以外の地域に住む一般の人たちが今現在一体どのような生活を送っているのか気になるところでもあり(地球上で最も助けを必要としている人たちである可能性もあるかもしれず)、虚構と現実の区別がついていないように見うけられる米国の危うい老人を支持する以外に、対話も圧力も具体的に何も行っていないように見えるのは気のせいであろうか。 しかしうちのところの選挙区に投票したい人いないじゃん、という候補者の選択肢がない状況は、かなりショッキングなのであった。

消費税増税は仕方ないとして、現在の経済政策が変わらなければ、さらなる年金保険料、健康保険料の増額。少子化が加速しさらに消費税増税、物価は上がり日常商品を辛うじて購入するのが関の山、経済活動は専ら一部の富裕層と外国人。仕事はAIに奪われるか低賃金の非正規。大量の生活保護受給申請、財源確保でさらに増税、犯罪者とホームレスはあふれかえり、富裕層と手に職のある人たちは国外脱出、あるいは他国に経済難民申請。国内資産は海外の富裕層に買い叩かれ、日本、経済的に自然消滅。そんなシナリオもありうるのではないかと危惧。

大量殺戮即死兵器である原子爆弾の脅威、あれは、数百万人の生命のみならず、まったく無関係のヒト意外の生物を殺戮するのみならず、放射線によるDNA損傷により地球生命史、40億年かけ進化し続ける生命の連鎖、未来への可能性を消滅させるもので、原子爆弾存在の責任は例外なく人類全体、人類の一員という事実のみで各個人が負わなければならないかもしれず。

・・・・・・迷惑な話である。どのような結果になっても選挙の結果はそのまま受け入れるけれど。



日本国憲法第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負う。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。